新年度なので

いつも本ブログサイト「なりたけさんのなんでもない日々の散文」をご愛読いただき、ありがとうございます。
本サイトの『中のヒト』、なりたけです。

サイドバー冒頭にも書いている通り、「『広く浅く、まずは形から。』をモットーに、やや偏り気味ながらも様々なコトを気ままに書き綴るブログ…」を名前を幾度か変えつつも10年以上(今アーカイブとして残っているのは、2009年12月下旬にWordPressのメンテでやらかした後のもので、その前の投稿は消え去りました…)続けてきて、気が付けば西暦2020年。私自身もいい歳になりました。それでも細々とでも続けてこられたのも、高いモチベーションを持つことなく、気ままにその時々にやりたいこと、書きたいことをつらつらと肩の力を抜いて書き続けてきたからだと、考えています。

これからも基本スタンスは変えず、誰のためでもなく自己満足の解決手段の一つとして、きままに書き綴っていこうと思います。
・・・と、書いてはいますが、ほんの少しアーティスティックなところをだせていければと思っていたりします。写真だったり映像だったり。今はなにかと行動に縛りがある状況ですが、これが解けたらいろいろ「動きたい」ですね。

今日は4月1日、新年度初日ということで、ご挨拶的な感じで書いてみました。本年度もこの散文ブログ、お暇ならのぞきに来てください。
直接会ったときやSNS等でコメントなり「見てるよ」の一言をもらえると意外と喜びます。その場では少し(年甲斐もなく)照れるかとは思いますがw

 

せば。

さんじゃらっと。【ことば】

昔の「インターネットできる」同様、最近違和感満載な言い回しがある。それが、

「ギガが足りない」

いやいやいやっ、おかしいでしょ!

少なくともIT業界で話しているヤツがいたら、片っ端からガツンとやっていくぞ!

さんじゃらっと。【我慢】

「せっかくの連休なんだし、買っちゃえよー!」と、意味のわからない理論で頭の中の悪魔が物欲をつついてくる。

結局我慢するって事は変な正当化をしないか、変な正当化を論理的に打ち負かすスキルがあるかってことなんだろうな。

さんじゃらっと。【雑念】

自宅以外の人にとってなんでもない場所が、自分にとって落ち着いたり集中していろいろ考えられたりする場所だったりする。

まだ部屋に雑念の元がたくさんあるからなのか、自分自身が雑念まみれだからなのか、うむ…

新時代のご挨拶

2019年5月1日午前零時、年越し気分でNHKを観ながら新しい時代を自宅で静かに迎えました。

平成の最後の方は身の回りに目まぐるしくいろいろなことがあり過ぎて、一体自分はどうなることやら…と自分自身危惧していたところがありましたが、どうにか無事新時代を向かえることができました。

せっかく時代の切り替わりを【昭和→平成】につづきまたリアルタイムで経験したわけなので、これきっかけで特に理由は無いのだけれどなにか新しいことを始めたり、何か変えていきたいなと。そういう意味ではちょいと前から自分のライフスタイルを見直してシンプルにしようといろいろしているので、これをキチンと進めていこうとあらためて強く思いました。

そんなわけで、あらためて友人知人関係各位の皆様へのご挨拶を。

********

令和になっても

自分の『信念』を見失うことなく

人を想う心を忘れることなく

自分のために そして 人のために

走り抜けていく所存です

これからもどうぞよろしくね

令和元年五月一日

昭和の男 なりたけ

さんじゃらっと。【SNS】

あれ?SNS(特にFacebook)ってなんのためにやってたんだっけ?関わりがあった人とのコミュニケーション手段以外の目的ってあったっけ?そんな公開して意義のある事を書けてたっけ?書きたいならブログでいいじゃん。

と、移動中の電車の中でふと思う。さてさて。

さんじゃらっと。【シンプリスト】

もともとシンプルな生活に憧れて目指していたはず。なのに、気がつけばむしろ対極な環境にいることに、ふと気づく。仕事も、プライベートも。そして、『考え方』も。

─ シンプルに生きる

今の自分に1番難しいこの課題に、敢えて挑もうと思う。どこかに書かないと決意が鈍るので、ここに書いておく。

いろんなことを整理していった数年後のシンプルな自分に期待。

無意識は本心?

自分自身的に衝撃的なできごとだったので、心の整理がてら。。。

 

性格上どちらかと言えば言いたいことを『グッ』と堪えるタイプな私。
それはいいことでもあるし悪いことでもありますよね。世の中的には悪いことのケースが多い気がしますが、どうでしょう。
彼女に「(あなたの)キモチなんて、コトバにして言ってくれないとわからないのよ!」とハッキリ言われた苦い思い出も。そのときはまだ若かった(っつーてもオトナになってからの話だけれどもね。。。)こともあってちょっと流しちゃったけれども、今ではとてもとても流せないですね。もう、自己嫌悪に陥るくらい。
<今、違うパターンでその自己嫌悪な状態なんですけどね。。。>
言わないといけない場面があるのも事実。ただ、今自分が「いいたい!」っていう判断基準だけでコトバを口にするってことは(自分的には)とても難しくて、
「本当にこの場で言うべきことなのか」
「立場や状況上、言ってもいいことなのだろうか」
「言って場の”流れ”を崩さないだろうか」
自分自身発言に対して石橋を叩きまくって渡ることが正しい、と思っているところが性格の根底にあるわけです。だから石橋を壊しちゃって渡れないことが多々あるのですが(ため息)。。。それでもその場の状況を壊すよりはまだいいのでは、という考えなのです。
それは立場が逆になっても同じ。「趣旨や意図はわかるけれど、今そういう発言はないんじゃないかな…」と思うことがたまにあります。けれどそこで目くじら立ててもなんにも解決しないですよね。本当に気になったときはその場はこらえて、あとから意見を個別に話したりします。

(こんなある意味面倒くさい性格なことは、私と付き合いの長い人だったらわかってくるかもしれませんね。)

・・・と、やや偏りはあるものの、”発言”や”他人の発言に対しての振る舞い”については分別がはあるつもりだった私が、驚いてしまった出来事が起きました。それも短時間で2回も。

 

とある会話の流れで、相手の発言に対しまったくの無意識に、普段の自分なら決して口にしないコトバをボソッと発していたのです。具体的には書きませんが、普段石橋を叩きまくっている自分なのにあまりにストレートに(相手の見解にやや否定気味な)コメントをしてしまったのです。
会話の相手やまわりにいた人には聞こえなかったかもしれないし、聞こえていたかもしれないけれど気にならなかったかもしれない。けれど言った本人は言葉を発したその数秒後には内心パニックなのです。
「えっ、今、何てコト言っちゃったんだ!?」
そうい状態でも会話は普通に続いていたものの、数分後にはまた無意識に否定気味なコトバを口にしている自分が。。。
その場の会話はなんなく終わったものの、その後の自分はもう大変。その後平静を装って過ごしたものの、帰宅して今こうしてこの投稿を書いている今も、なぜあのときあんな言い方をしてしまったのか、初めての経験に、分別や制御ができていると思っていた自分自身の認識が崩れてしまったことに、がっくりしています。そう、自己嫌悪。

 

本当の自分のキモチは、自分自身でもわからないものなのか?
単に何かがキッカケで冷静さを欠いていただけかもしれない。
逆に会話の内容をあまり考えていなかったり集中していなっかだけかもしれない。
いずれにしても、まだまだとても「分別がある」オトナじゃないってことを、キチンと認識し直さないといけないな、と今痛烈に感じています。

 

まだまだコドモなんですね。
明日からはキチンとしないと。

追伸:
たまには中身はなくてもこういうマジメなことを書いてもいいですよね?
ブログなのですから。。。

 

Macに思うところ

どうも、ハイパー メディア クリエイター、タウンズなりたけです。
※FM-TOWNSは買ったことはない、もっぱらMSX人間です。ビバ MSX-FAN!!

10分前から、動画&写真編集作業用PCのWindows7をWindows10にアップグレードしています。わけあって2回目。アップグレードしたけれどわけあって一旦Windows7に戻し、本日再度Windows10化!「1時間で終わらないかなぁ〜」と思いつつ、普段使いのMacBook Proでブラウジングしたり、ブログ書いたり、ラジバンダリ。。。
IT業界で働く人間らしくなく、安定した作業環境を捨て新しい世界(と書いてOSと読む)に飛び込んでいくのです。単に新しい物好きなミーハー、または ヒトバシラー気質だってだけなんですがね。

iPod、iPhoneからアップル使い人生が始まり、友人からMacBook Airを譲ってもらってからはや数年。今は一応Mac使いな”プライベートクリエイター”(造語)なのですが、重い編集作業を行うためのマシンはずっとWindows。その理由は簡単。『Mac(正確にはMacPro)が高いから。』もっと正確に言うと、『高い上に、今のMacProはハードウェア単位でのグレードアップができないから。』
逆に言えば、Windows PC のいいところは『パーツが交換できるから』。グラフィックボードとか、動画編集環境のステップアップと称し、なんだかんだで2年で一回交換しています。一回の交換費用は数万円。この投資で編集中のリアルタイムエフェクトやエンコードがより快適に。それができないMacPro。ステップアップするためには基本買い直し。その都度数十万がとぶのは、アマチュアなクリエイターにはイタすぎます。

昔のポリタンク型のMacProのときは普通に交換(それでも一苦労もんらしいですが)できたものの、今のゴミ箱型のモデルはできない(はず)。仮にできたとしても、基本ワークステーションクラスのカードを入れないと意味ないからこれまた高価。だったら安価にWindowsで自作で組むよ。カモン、窓辺とうこ!!ってことですよ。

まぁ、動画編集という心地良い泥沼世界には、Windows版しかないVegas Proから入ったってこともありますが、しばらくは『お仕事』環境はまだまだWindowsです。ただし、今はAdobeCCで「Premiere Pro」ユーザですので、いつでもMacメインに戻れるわけですがね。ふふふ。

Windows10へのアップグレード、まだ終わらず。

─ そして、久々にブログを書いて思う。相変わらず中身の無い駄文だな、、、どこがクリエイターだっ!

せば!

地震に備えNIGHT

基本的に鈍感で、どうでもいいコトには敏感なオトコ、なりたけです。

今日(2015/05/30)の晩の地震、M8.5、最大深度5強という、おおきな地震でしたね。
幸いにも川崎は震度3でそれほど大きな揺れではなかったけれど、そこそこ長い横揺れが続いたこともあり、ほんの少し気持ちが悪くなりかけていたりしていました。

#歳、ですかね。。。

「あぁ、揺れたな~」ぐらいの感覚で洗濯などしていたのですが、遠方の友人より「大丈夫?」と心配メールが。
「大丈夫ですよー、たいした揺れじゃあなかったので…」
ってことでひと安心してもらいました。心配してもらい恐縮&感謝です、いやほんと。

震度3~4の地震がさほど起きない非関東在住だと、「関東近辺で最大震度5(だけどだいたいの地域が3ぐらい)」とか情報が流れるととんでもない地震が!という感覚だそう。けれど震度3~4ぐらいは結構そこそこある日常だったり(それでも最近多いけどね…)、東日本大震災を都内のビルの高層階で迎え、(都内は震度4とはいえ)とてつもない大きさと長さの揺れを体験してしまったおかげで、良くも悪くも地震に慣れてしまって危機感が麻痺してるのかな~と。
心配メールをもらって「ハッ Σ(゜д゜ )」と気づかされました。この油断がいざというときに泣きを見る結果を招きかねない。ちと気を引き締めなおそうかと。

よし、この反省を活かし、明日は地震に備えの確認をしよう。
とりあえず、「米」「ラーメン」「パスタ」以外の備蓄食でも。まずはアソートなお得クッキーとチョコと…(ただお菓子買うだけじゃん!)

 

せば!